--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月18日 (日) | Edit |
初めて訪れた渋谷ユーロスペースはとっても小さな映画館でした。
今日は日曜日なので満席になるかなと思ったけど、
私が入った会は2/3ぐらいの入りだったかな。

犬と猫と人間と を観て

一人の猫好きのおばあちゃんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いを
一人の監督さんが戸惑いながらもしっかり受け止めて
このドキュメンタリーが作られたことにまず感動しました。

日本に生まれた犬・猫の現状の悲惨さを目の当たりにして思うことはたくさんあるけど
『私が犬・猫だったら、今の日本に絶対生まれたくない!』
(映画の中でマルコ・ブルーノさんも言ってたけど。)
と大声で叫びたい!!
毎日1000頭の犬・猫たちが殺されてるなんて(涙・怒・悲)
でも、知らない人がほとんどじゃないかな。
動物は人を幸せにする。でも人は動物を不幸にする。
小さな命を奪う人のエゴは、めちゃくちゃ悲しくて悔しいけど
そんな状況の中でも頑張ってる大人や
お年玉でエサを買って捨てられた8頭の子犬の里親を探す小学生たちの
笑顔や一生懸命な姿にも救われました。
私にも何かできることがあるかな?きっとあるはず。
なんでもいいから自分にできることを続けてみようと思いました。

可愛いから買うんじゃなくて 幸せにしたいから飼う 
人にも動物にも優しい国になれるといいな。。

ねっ めぐたん♪

200910182.jpg

じゅんちゃん♪

20091018.jpg
テーマ:猫と暮らす
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
人生には色んな出会いがあるけれど、
一生の内に出会える奇跡は限られています
だから、大切にしたい、どんな生き物に対しても・・・
だけど、現実は中々厳しいですね(-_-;)
2009/10/19(Mon) 00:06 | URL  | あかね #-[ 編集]
はじめまして。訪問氏の所からお邪魔いたしました。
この映画の事は聞いたことあります。
まだ観てないのですが。
日本に生まれたネコさん、ワンちゃんが不幸だなんて悲しいですね。
何とか出来ないか考えていきたいと思います。
今日は簡単な御挨拶でした。またお邪魔して、拝読いたしますね。
私の所にお越し頂いて、ありがとうございました!!
2009/10/19(Mon) 02:43 | URL  | Puriko #-[ 編集]
現実は厳しいけど
自分でリーダーシップを取って何かできるかというと難しいけど
それでも何かできればなと思ってます。
出会えた奇跡を大切に 出会うかもしれない命を繋いでいけたらいいな。




2009/10/19(Mon) 14:24 | URL  | あかねさんへ #8gXClZl.[ 編集]
Purikoさん、はじめまして~わざわざコメントありがとうございます♪

想像したとおり、この映画は辛いシーンが多くて現実の厳しさを再認識させられます。
人間の一番身近にいる動物の犬や猫たちがふつーに生きることができないペット大国日本。
でも、いつの日か 人と動物が幸せに共存できる日が来るのを信じたいと思います。



2009/10/19(Mon) 14:43 | URL  | Purikoさんへ #8gXClZl.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。