--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月20日 (日) | Edit |
昨夜の『志村どうぶつ園』

アニマルコミュニケーターを通じて

小梅ちゃんが悪質ブリーダーの元で11年間も繁殖犬として

過酷な生活を強いられていたことは、やっぱりというか、想像通り

彩さんが「終生愛します・・・」と言ったとき

小梅ちゃんが嬉しそうにシッポを振った姿が忘れられない..

言葉は話せなくても動物にも心がある、愛し愛されるという行為は人間だけのモノじゃない

TVでは小梅ちゃんがブリーダーのもとにいたことは一言も触れられてなかったけど

大人の事情なんだろうか

今もどこかで小梅ちゃんと同じ目にあってる動物がたくさんいる・・・

ペットショップでの生体展示販売は、生後8週間にもみたない子達を親から引き離して

小さくて可愛い間に売ってしまえ、という 衝動買いを促すようなやり方が多い

実際、月齢が若い方が人気があるだろうし

昨日の『志村・・・』の放送前編にちっちゃな子犬が続々でてきてたけど

コレ見たら、やっぱり可愛いと思うし

中には買いたいという衝動にかられる視聴者もいるだろう。。

そして お金があれば、簡単に買えるだろう。。

もちろん、衝動買いしても終生大事に育てるヒトもいる

が、しかし

小さくて可愛い時期が過ぎると飽きてしまったり

問題行動を起こすから(吠えるとか)

病気になったから

年老いたから 

育てることもできないのに不妊手術を怠って子供が増えたから

といった身勝手な理由でセンターに犬猫を持ち込むヒトが後を絶たない

昨年末、ミニチュアダックスフンドがセンターに溢れていると聞いた

しばらくしたら、センターにトイプーが溢れるのではないだろうか


センターに持ち込む飼い主は悪人ではなく、ごくごく普通に生活している人々

中には罪の意識を感じるヒトもいるだろうが、ほとんどはそれほど感じてないのでは?

行政が公然と引き取り

殺処分される現場を見るわけでもなく

自分が直接手を汚さないから

罪の意識が薄まるんだろうなぁ

死んでも誰も悲しんでくれない小さな命…

年間30万頭もの犬猫が殺処分されている

他、ペット業界で生産/流通過程で闇の中で消える命を含めたらいったい・・・

どんだけ、殺されなければならないのか

すべては人のモラルの問題


でも、嘆いたり祈るだけじゃ変わらないんだよね

知らなかった・・・でも知っちゃったら

独りでは何もできなくても

一人一人が集まれば、小さなことからでもアクションを起こせば、

変えられる・・・と信じたい



下記オンライン署名サイトにアクセスしてみてください

内容を読んで賛同できる方は、ぜひ署名をお願いいたします

動物愛護法「販売時説明義務の緩和」に反対する署名

「犬、猫殺処分問題に関し、飼い主側の責任・モラル向上の為 資格制にする署名」への署名


2011022001.jpg

2011022002.jpg
よろしくおねがいします!

スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。